キャンプ初心者必見!~冬キャンを快適に過ごすために~

キャンプ

 






冬のキャンプ楽しそうだけど寒そう。。

それもそうね!だからこそ準備が大切で準備さえ怠らなければ冬キャンも楽しめるわよ!

冬キャンの楽しみ方って?

それも含め紹介していくわ!


数年前まではオフシーズン扱いで、どこのキャンプ場も閑散としていた冬のアウトドア事情。極寒のフィールドにあえて繰り出すのは一握りの上級者だけでした。ところが、空前のアウトドアブームである近年、穴場として注目され返って人気シーズンになっており、特に年末年始は予約が取れないほど。

でも、冬キャンプがポピュラーじゃなかったのには理由があるわけで、ある程度の装備が揃っている中級者でもナメてかかると痛い目にあう。他のシーズンとはちょっと事情が違うんです。それでも他のシーズンにはない魅力も多いという冬キャンプを快適に楽しむには、一体どんな装備や準備が必要なのかを調べてみました。


冬キャンプの魅力とは?

夏に比べて圧倒的に虫が少ない

冬場は虫の餌が少なく、繁殖もしにくいため、落ち葉や枯葉に身を潜め活動を制限しているので夏に比べると圧倒的に虫が少ないです。ですが、全くいないわけではないので少し対応が必要になります。

人が少なく快適に過ごせる

今は空前絶後のキャンプブームといえどやはり冬は皆さんの中ではオフシーズンになり、春夏秋に比べるとまだ人の数は多くないので、予約も取りやすく、たくさんのテントに囲まれながらの息苦しいキャンプにはならずに済む可能性が大きくあります。

焚き火

冬キャンプの醍醐味と言えばやはり焚き火ではないでしょうか?寒い中での焚き火は格別に暖かく感じ、焚き火を見ながらの温かいスープやコーヒーを飲むのもいいですね。

焚き火と言えば薪が必要になりますが、冬は乾燥しているので薪を置いていても湿気りにくく、乾燥したままおいておけるのも特徴です。

星がきれい

冬の季節は空気が澄んでいて山に登れば周りに町中のような光がたくさんないので、星を見るための邪魔が限りなく少なく、きれいに見れるので心を落ち着かせたい方、恋人などと見るといい雰囲気は間違いないです。

冬キャンプに必要なもの

冬に必要なものと言えば?

・シュラフ(寝袋)
・焚き火台
・マット
・テント
最低がこれくらい必要になってきます。これに毛布をもう一枚プラスしたり、まだ車などで入るよって人は羽毛布団なども持っていくと夜などはだいぶ温かく過ごせると思います。
冬の山は普段住んでる平地より大分寒くなっているので石油ヒーターや電気ストーブなどがないと眠るときは焚き火台もしくは薪ストーブが使えないのでできればあったほうがいいと思います。

シュラフ(寝袋)

シュラフは寝るときの必需品です。シュラフの性能だけで夜眠れるか眠れないかが決まるといっても過言ではないでしょう。ですが、性能の高いシュラフを買おうとするとなかなかの値段になってしまうのが現状です。

一番はたくさん探して購入する前に耐寒温度というものが記載されているはずなので自分が行くところの大体の気温を確認して、それに合ったものの中で安いのを見つけることが大事です。

 

焚き火台

冬の醍醐味の一つといえる焚き火。暖かさをくれるものであり、見て楽しむものでもあり、薪がぱちぱちとなりながら燃えていくのを見ると心が落ち着くのも楽しみですね。

焚き火は火を扱うので、キャンプ場にあるルールを守ったり、炭の処理や直火をしないなどのルールと節度、マナーを守って楽しみましょう。

ちなみに投稿主のおすすめは薪を通販サイトで先に購入しておくことをお勧めします!

マット

マットにおいて重要なものはR値といわれる地面からの冷たさをどれだけ抑えてくれるかが重要になります。R値に関してはマットを重ねれば重ねるほどR値は増えていくので、マットの種類を変えたりしてR値を増やすのがおすすめです!

たまにR値の書いていないマットがありますが、その場合はマットに使われている素材がウレタンで、分厚さが厚ければ厚いといいのでそこを見てみてください。

テント

冬の寒さの中でテント泊を行うなら、極寒にも耐えうる素材やタイプのテントをきちんと選びましょう。2ルームタイプのテントを使用すればフルクローズできるので、雨や雪のときも安心! がっちりフルクローズで寒気をシャットアウト!!

サイズによっては寝室兼リビングとして使用できるワンポールテントも、冬場のキャンプにおすすめ。ひとつのテントの中で全てを完結させることができ、寒空の中を移動しなくても済みます。

ワンポールテントを冬キャンプに選ぶ場合は、アウターのレインフライの裾が地面まで届くタイプを選ばないと冷たい隙間風が入ってくるため注意が必要。

コットン幕のテントはポリエステルと比べて熱の移動が少なくなるため、冬はテント内部の熱を外に逃がしにくく、結露しにくい点も魅力的です。冬にこそ試したいコットンテントの実力!

 

重要!!冬キャンプの注意点!!

注意① 火の扱いについて

焚き火台のところでも書きましたが、火はとても危険で焚き火の時に出る1酸化炭素だったり煙が危なかったり、他人に迷惑をかけてしまったり、テントに燃え移って大災害になる可能性もあるので火から目は離さないようにしましょう!

キャンプ場やバーべキュー場などの焚き火ルールに従い、よくあるのが直火禁止が多いので気を付けましょう。

注意② テント内での火気使用は禁止!!

テント内でのガスストーブであったり薪ストーブ、電気ストーブもテントやシュラフ、毛布などが燃えてしまう可能性があるので、テント内での使用はできるだけ禁止にしましょう。特に寝るときに関しては寒すぎて使用したい気持ちもすごくわかりますが、寝ている時はすぐに対応できなかったりし、本当に危険なのでやめましょう。

代わりに、シュラフの中に湯たんぽであったり、カイロなどを入れて対策しましょう。

対策をすれば楽しめる冬キャンプ!

楽しく読んでいただけたでしょうか?冬キャンプはいまだに人気のないシーズンではありますが、冬は冬なりの楽しみ方があったり、予約の取りやすさなどがあるので、春夏秋を楽しんで冬もしてみたい!星見てロマンチストになりたい!四季すべてを堪能してみてはいかがでしょうか!

対策や楽しみ方を知って冬キャンプをお楽しみください!

コメント

  1. gold ira より:

    It is the best time to make some plans for the future and it is time to be happy.

    I have read this post and if I could I desire to suggest you some interesting things
    or advice. Perhaps you can write next articles referring to this article.
    I desire to read more things about it!

  2. Why people still make use of to read news papers when in this technological globe everything is presented on net?

タイトルとURLをコピーしました